ZOスキンへルスとは?

ZOスキンヘルスは、アメリカの皮膚科医であるDr.オバジが開発した、健康で美しい皮膚を取り戻す為のプログラムです。

ZOスキンヘルスに用いられる化粧品は、市販のものは全く異なり、浸透成分がお肌の細部まで届きます。加齢や紫外線、ストレスなどによってできる、しみやしわ、にきびを細胞レベルで改善します。

ZOスキンへルスは医療機関向けプログラムです

通常、通信販売などで購入できるZOの商品は、並行輸入のもので、日本人用に作られていません。
そのため、M&Mでは日本の代理店を通り日本独自のレシピで作られているものだけを販売しています

また、トレチノインやハイドロキノンが医師の処方がないと出せないお薬なので、医師の処方・診察が必要です。 M&Mでは、そんなZOの商品を安全にご使用いただくために、患者様のお肌に合わせてプログラムを組み、適切にアンチエイジングをおこなっていただくための、アドバイスをいたします。

ZOスキンヘルスサークルのプログラム

ZOのプログラムの大きな流れは、治療→メンテナンス→日々のスキンケア・予防です。
プログラム自体は、お一人ひとりライフスタイルや症状にあわせクリームや美容液を選びカスタマイズして、毎日の肌のお手入れ習慣に取り入れていただくだけで、即日から始められる簡単なものです。

デイリースキンケアプログラム

毎日行う、スキンケアプログラムです。
皮膚の反応はほとんど出ないので、マイルドにゆっくりきれいになりたい方におすすめです。

レチノール1配合 積極的なスキンコンディショニングプログラム(1年中可能)

メンテナンスとして行う方、効果が強めのコースは抵抗がある、時間的にできない、ハイドロキノンが合わない方などにおすすめのプログラムです。使用するのは、ブライトネックス・レタマックス、デイリーPDの3つです。これらすべてにレチノール配合でお肌を健やかに導きます。

また、デイリーPDには紫外線によるDNA損傷を修復するウルトラソーム、酸化ストレスによるダメージを抑えるロキシソームが配合されています。副作用として、角質の剥離・赤みなどの症状は出るが継続的ではないため、問題はありません。

ハイドロキノン配合 スキンコンディショニングプログラム

ハイドロキノン+トレチノインを使用する集中ケアです。(妊娠・授乳・ハイドロキノンアレルギーの方禁忌) ミラミックスに医師の処方薬のトレチノインクリームを混ぜて使用します。

初診→7日から10日後に必ず再診をし、その後は2~3週間ごとに再診をします。 3か月から5か月(12週~18週)で完了します。また、それ以上長い期間の使用は、ハイドロキノンの特性のためNGです。(耐性ができる・光に過敏になりやすいため)

1反応期(4~6週):
古い角質がはく奪します。ダメージを受けたお肌の表層(角質)が剥がれ落ち、新たに美しい健やかな肌(新しい肌)と入れ替わっていきます。この間に次のような症状が見られる可能性があります。(乾燥・肌の過敏性・しわが目立つ・古い角質の剥離・ヒリヒリ感・ニキビが悪化・赤み・かゆみ)

2耐久期(次の4~6週):
お肌に耐性、抵抗力がつき新たに美しい健やかな肌へと進んでいきます。お肌にハリがみられしわや毛穴などが目立たなくなることが期待できます。

3完成期(4~6週):
最終段階に入りお肌のトラブルは改善し、美しく健やかな肌になることが期待されます。 この3段階が終了しましたら、美しく健やかな肌を維持するための、メンテナンスプログラムに進んでいきます。

ZOスキンへルスの商品に含まれる主な成分

ハイドロキノン

最強の美白剤と言われる美白成分。メラニンを合成する酵素(チロナーゼ)を弱らせメラノサイトの働きを抑え、メラニンの数を少なくします。今肌にあるシミを薄くして次にできるシミ予防に役立ちます。

ただし、長期使用は・耐性ができる・光に過敏になりやすいなどの点から禁止。4〜5か月使用したら2~3か月休薬をする必要があります。

トレチノイン

ビタミンA誘導体の一種。生理活性はレチノールの約50~100倍の効果があります。
また、主な効果として、

  • 表皮の細胞の分裂・増殖を促進し、皮膚の再生
  • 皮脂腺の働き、皮脂の分泌を抑制
  • 真皮の線維芽細胞を活性化し、コラーゲン・エラスチンの生成促進
  • 血液循環の増加

このことから、塗布すると表皮の細胞を活発に増殖させるために、表皮の細胞は押し上げられていき、シミの部分(メラニン色素)を持って上がり、剥離していく。肌のハリ、小じわを改善し皮膚をみずみずします。

ただし使用すると強い反応があるため、乾燥・肌の過敏性・しわが目立つ・古い角質の剥離・ヒリヒリ感・ニキビが悪化・赤み・かゆみなどには、注意が必要です。

レチノール

ビタミンAにパルミチン酸を結合させた物質のことを指します。レチノールは光や熱、酸素の影響を受けて変質(酸化)しやすく、そのままでは化粧品への配合は難しいとされる不安定な成分ですが、パルミチン酸レチノールは、レチノールをより安定化させ、肌の粘膜に吸収しやすい状態にしたものです。

レチノールそのものに比べて、お肌に直接つけても刺激が少なくなるよう、改善が加えられています。お肌に吸収されたあと、トレチノインに変化します。
また、トレチノインに比べ反応はマイルドなため、ゆっくり効果が出てきます。

商品一覧

施術メニュー・取り扱い商品一覧にもどる